2015年04月12日

◆結婚相手を選ぶときに、どこを判断材料にするか?

あなたは結婚相手を探すときに容姿意外には
どのような部分を判断をするでしょうか?
アダルトグッズのNLS

判断材料の一つに、相手の男性が「人生の目的をちゃんともっているか」
ということがあります。

できる男というのは、必ず「自分はこうなりたい」
「夢や願望、野心、こんな家庭を作っていきたい」抱いているものです。

たとえば〜「40歳になる前に、独立して店を持つ」
いまの仕事に全力をあげて取り組んでいる。

内容は別にして、何か目的意識がない男はダメです。

だから、「君と結婚できれば何もいらない」などというのは危険な兆候です。

それを信じて結婚するほうが間違っています。
飛行機が飛び立つときも、船が港を出るときも、必ず目的地というものが
あります。

人間が目的なしで行動をおこすことは、まずありません。

目的意識と収入の関係の調査というのがありまが、
それによると、計画とよべる明確な目的意識をもつ人と、
ただ漠然といまの仕事をやっている人の収入格差は
恐るべきものがあるということです。

現実の世の中では収入が公平に分配されているわけではありません。

明確な目的意識をもった人間と、行き当たりばったりに生きている人間によって
色分けされてしまう。

つまり男の目的意識を持つ人間は収入も多いし社会的地位も高い。

逆にのんべんだらりと生きている人間は、収入も社会的地位も低いのです。

これからは、男の目的意識、それによってもたらされる経済力はますます
重要になってきます。

「すごくやさしい,誰よりも私を愛してくれているから----」
などというモノサシだけで男を選ぶと、
とんだ貧乏クジを引くことになりかねません。

お金が稼げて遊びもできる男でないと通用しません。
マジメ、勤勉、実直は、あなたの母親の男選びの基準だったのです。
アダルトグッズのNLS
posted by タカヨ at 12:00| Comment(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。